これまであまり記事にしていませんでしたが、Yukikoが携わって来た音楽活動、また学んで来たボーカルレッスンやメソッドについて書きたいと思います。

小屋上管理人ページでも簡単に紹介させて頂いていますが、管理人のバックグラウンドやレッスン内容のメソッドを確認する上での判断材料にしていただければ幸いです。

大分長くなると思いますが、よろしければお付き合いください!


  • 音楽のきっかけ

管理人のYukikoが音楽を始めたのは、小学校に入って間もなく両親がピアノを買ってくれたのがきっかけです。小さい頃から時間があれば一人で絵を描いたり家のおもちゃの鍵盤で遊んで歌ってばかりいたので、それを見ていた両親がピアノレッスンに通わせてくれるようになったのでした。

小さい頃は本当にピアノが好きで好きでたまらず、毎日毎日練習してどんどん先に進んでいました。
そして小学校では器楽部に所属し、中学年では小太鼓、高学年では大太鼓とリズム楽器を担当しました。

中学、高校と運動部に入ったのをきっかけにピアノのお稽古は止めてしまい、しばらく音楽の習い事からは遠ざかることに。
正直小学校高学年あたりからはうまい子と自分を比べるようになっていて、自分自身の出来に苛立ちがっかりしていたせいもありました。練習も次第に気合いが入らなくなっていました。

今思うと、この頃からずうっとピアノレッスンを続けていれば良かったなあと悔やまれます。

 

  • ボーカルレッスン開始と上京

高校の時に少しだけバンドを結成したりピアノ弾き語りの練習したりする中で、次第に歌うことに興味を持つようになり、秋田の短大卒業後に地元の音楽教室で歌のレッスンを受け始めました。
歌はうまい人を聴いてたくさん歌っていればうまくなる、と漠然としか捉えていませんでしたが、何をどう練習するとレベルアップするのかが見えて来た気がしました。

当時はレッスンに通うこと、そして音楽仲間と出会うことが楽しくてたまらず!
レッスンを受け始めてからは、次第に本格的に音楽活動がしたいと思うようになりました。

そしてその後少ししてから、もっと本格的に歌に取り組んで音楽を通していろんな人と出会いたいと上京を決意。東京でも同じように音楽教室のレッスンに通い始めました。

上京してたくさんの方々と出会い、いろんなバンドやライブ、セッションに参加させてもらう中、どんどん音楽に対する気持ちが強くなりました。

その一方、東京での一人暮らしで昼間はOLとして働き、夜や週末も週何日かバイトをする生活。
どうやったら好きな音楽で生活が出来るようになるのか全くわからず、そこへの入り口は自分の中で本当に迷宮でした。

 

  • 仕事としての音楽

いろいろと迷いながら音楽の道も揺らいでいた時、音楽関係者から誘われ客船ふじ丸でのライブのお仕事を頂きました。とある企業主催で数日間行われる東京湾クルーズパーティーで、1日3、4ステージ泊まり込みでのライブパフォーマンス。
それが自分が初めて正式に仕事として歌った貴重な経験となり、音楽でお金を頂く喜びを実感しました。バンドのメンバーには本当に感謝しています。

その後何年かしてから某音楽事務所に所属し、結婚披露宴でのアカペラのお仕事をすることに。
当時はハモネプ大ブームということもあり、アカペラ全盛期。仕事の依頼が毎週のようにありました。

同じメンバーとして初めて出会う、趣味指向も違う多様なボーカリスト達。それまでは自分の好きな曲を好きなだけ歌って楽しんでいるだけでしたが、クライアントありの仕事として、商品として、本番勝負の失敗が許されないライブ。
同じグループの全く趣向が違う5人のメンバー同士でそれぞれのスタイルを認め合い、お互いの厳しい意見を聞き入れ、もっとシビアに音楽と関わることを学びました。同時に、どんなに厳しくてもやはり音楽には仕事として関わっていきたいと切実に思いました。

プロ意識、上昇志向の高いメンバー達と一緒に活動して行く中、たくさんのワークショップや講義に参加しました。
一流講師達のゴスペルワークショップ、アカペラワークショップ、音楽理論講習、そしてバークリー音大現役講師や卒業生によるライブやワークショップ。

アカペラの仕事を始めてからこのような学びのチャンスも増えて音楽知識の必要性を感じ、きちんと身に付けたいという気持ちがますます強くなりました。

 

  •  カナダでの音楽留学

アカペラの仕事を始めて3年目になってから、自分の音楽を追究したいと事務所を辞め、しばらく資金を貯めてカナダへ渡りました。
海外で暮らすことは小学校時代からの大きな夢で、ラストチャンスと思い東京OL生活に区切りをつけました。

その渡航先で自分がずっと憧れていたバークリー音大と提携を結ぶセルカークカレッジを見つけ、個性豊かな優れた講師陣から念願の音楽教育を受けられることになったのです。
特にそこの地域はカナダの中でもかなり音楽が盛んで、毎日のように素晴らしいライブやクラブイベントだらけでした。

幸運にも勢いで入学したものの、日本人どころか留学生すらほとんどいない完全ネイティブだけのクラスで同じように授業を受けるのは、想像以上のハードルでした。

さらにクラスメート達のスキルや才能に圧倒されました。文化が違うこともありますが、柔らかくどこまでも伸びる歌声、オリジナル楽曲のセンス、何もかも自分が日本で聴いて来たものと違っていました。

生徒一人一人の個性が強く、少しでも遠慮していたら完全に埋もれてしまう雰囲気。埋もれるだけならまだしも、授業に積極的ではないと見なされ成績が下がってしまうことも。
先生方も日本の常識を覆すようなキャラ、教育、演奏で。音楽は文化ですが、それを本当に思い知らされた気がします。

演奏に関してそれまで自分がやっていたピアノはクラシックですが、留学先はバークリーメソッドに基づきジャズからメタル、DJまで何でもありのコンテンポラリー系なので、コードでのピアノ演奏を学びました。
そしてボーカルは日本で主にグループレッスンを受けていましたが、カレッジでは毎週プライベートレッスンがありました。

カレッジでのレッスンは、自分がそれまで身につけていたものとは歌い方もメソッドもかなり異なるものでした。

それまではどちらかというと、感覚重視で練習していました。高い声は歌い続けると伸びる、強い声は次第に鍛えられると信じ、なぜ自分が憧れる歌い方が出来ないのか明確な答えが出せないままでした。

その曖昧な疑問をさらけ出されるかのように、留学先でのレッスンはそれまでの自分の歌い方を大きく見直すきっかけとなりました。

 

  • 卒業そして帰国後

無事に単位を取得しカレッジを卒業してから、しばらくはカナダで働きながらライブ活動をしたり、キーボードを教えたりしていました。

留学を含めた海外生活の中で、日本の曲を歌った時には周りの反応が全く違うことに気付き、今まで気にも留めなかった民謡などの日本音楽に強く興味を持つようになりました。
ちょうどその頃タイミング良く、秋田民謡カナダツアーのお手伝いをさせて頂くことも出来ました。

その後2010年秋に帰国してすぐ、島唄を習いに奄美大島へ3週間滞在。
秋田へ帰郷してからは短期間ですが秋田民謡を習い、大会にも出場し、あらためて日本民謡の魅力に取りつかれました。

とにかく与えられるものを必死で吸収しようともがいた、カナダでの5年半。久しぶりに帰って来た日本で、自分がカナダで教わった音楽スタイルやテクニック、知識を整理して確信し直すことができました。

留学先では言われるがまま受けていたボーカルトレーニングでしたが、知識を改めて見直し、録音したレッスンを聞き返して分析することで、その時何が課題だったのかがようやく明らかになりました。

その後カナダを訪れて再びレッスンを受けたり、洋書や和書様々な文献を読んだりして知識を深めています。
またカレッジのクラスメート、そして東京の音楽仲間の多くは現在インストラクター業をしているため、様々な情報交換をしてレッスン内容を相談、確認し合ったり。

音楽の世界は本当に深く、取りかかる程に深みを増していきます。
これだけ広い世界、自分がどこまでそれを理解し、表現していけるのか。
そしてそれがそれぞれの生徒さんにあてはまるよう、どう伝えていき、どうお役に立っていけるのか。

現在も様々なメソッドの研究や指導法、自らの音楽活動など、日々勉強あるのみです♪

長ーーーい記事を読んで頂き、ありがとうございました!!!☆☆☆




ここで、Yukikoがボーカルを指導する上で特に参考にさせて頂いているメソッドを挙げます。教室で行っているレッスンのイメージとしてご覧頂ければと思います。

Yukikoが学んで来た音楽とボーカルメソッドについて

コメントをどうぞ!