カラオケ採点機で得点アップに繋がる、歌の「しゃくり」!

音を下からずり上げるように歌うテクニックで、色々な歌に良く出てきます。

効果的に使うと歌唱力アップに繋がるしゃくりですが、気付かず無意識に使い過ぎてしまっている場合も。
その場合に起こりやすいのが、「歌がくどく聴こえる」「音程がちょっと下がって聴こえる」ことです。

しゃくらずに音程を歌うと、シンプルですが素直で真っ直ぐな歌に聴こえます。しゃくりが多いと音を下から探っていくような歌い方になり、音に当たり損ねて音程がぶれて聴こえることも。

「自分は無意識でしゃくりをつけ過ぎているかも」と心当たりがあれば、試しに全くつけずに歌う練習をしてみることをおすすめします!無意識でやっている方は、結構これが難しかったりします(自分がそうでしたっ

また、ピアノの鍵盤に合わせて「ドレミファソラシド」と音を真っ直ぐに出す練習もしてみてください。下から探るように声を出しているなと思ったら再チャレンジ!
是非自分の声を録音して確認する作業をしながら行ってみると良いと思います。

演歌などではわざとしゃくりを大きくつけて、情感をたっぷり込めたように歌うこともあります。歌のジャンルによってしゃくりの付け方を変えて練習するのもいいですよね。

自分が意図するところでしゃくりのテクニックを入れていく、そんな計画的な歌い方をするともっと歌が楽しくなるはず

 

無料体験レッスン受付中!
Skypeレッスン出張レッスンワークショップも行っております。

vocalic keysi
theoryi rakui
歌のしゃくりについて
Tagged on:         

コメントをどうぞ!