こんにちは!

暖冬が続く秋田。子供の頃は雪がないと寂しいなあなんて思っていましたが、大人になると雪が少ないのは本当にありがたい
とは言ってもまだ雪が残って滑りやすいところもあるので、運転には十分気を付けたいですね!

ところで、今回は歌を含むスキルアップについてです!
皆さんは、何のために音楽スキルを上げたいでしょうか。

オーディションを受けたい、バンドで歌いたいなどなど、その人それぞれ目的は色々だと思います。
また、特にプロを目指すのではなくアマチュアで活動されたい方でも、今よりもっと上手くなりたいという想いを持たれることと思います。

逆に例えば、それなりに今のスキルで活動できていてある程度満足している場合。もしくは趣味でやっていて、もっと上を目指すんだ!!とそこまでアツくも無い場合。

自分を高めたいという向上心は大事ですし、それを持つのは良いことだと思います。
ただ、ちょっと別の言い方をすると、上達を目指すのにその強い想いは必ずしも重要ではないのかもしれません。

「何のために上手くなりたいんだろう」という疑問を少しでも持った時、一度逆の視点から捉えてみるのも面白いのではと思います。
スキルアップは自分のためと言うよりも、むしろ聴いてくれている周りの人のためにするものだと。

どこかで自分の演奏を発表する場合、そこには多かれ少なかれ必ず聴き手がいてくれます。
聴き手が一人でもいる以上、その人に気持ちよくなってもらいたい。
彼らが時間を作ってくれている分、聴いて良かったと思ってもらいたい。
そう思うことが、練習へと繋がるかもしれません。

仕事やプライベートなどでストレスを抱えてライブ会場に来たら、素敵な演奏を聴いたおかげでちょっと気が晴れた、という聴き手もいるかもしれません。
実際に音楽を愛する人は、そういう体験を誰しも持っていることかと思います。

自分が演奏する音楽で誰かをハッピーにできるって、本当に嬉しいこと。
それが出来るかどうかは自分の度量にかかっています。
自分自身演奏を楽しむことは重要ですが、聴き手により良い音楽を伝えるためのスキルアップをしてみませんか?

無料体験レッスン受付中!
Skypeレッスン出張レッスンワークショップも行っております。

vocalic keysi
theoryi rakui

スキルアップすることについて
Tagged on:     

コメントをどうぞ!